保谷 崇文 | 人と仕事を知る | みずほ不動産販売採用サイト

保谷崇文 / Takafumi Houya
新宿支店 / 2014年入社

総合職。郊外店舗から都心店舗まで、幅広い経験と実績を有する5年目中堅社員。居・投・事を問わず、どのような案件に対してもフラットに、高いコミュニケーション力と自分スタイルの営業で臨む。

心に残ったメッセージ

今回の不動産売買を通じて、
家族同士が仲良くなれた。
ありがとう。

不動産相続でご相談を受けた
お客さまからのことば。

お客さまとともにご親族の方々と何度も話し合った結果、みなさまにご納得いただける提案ができたときに賜りました。

Q&A

個人のお客さまの不動産売買や、法人の資産組み換えなどのお手伝いをしています。自分が担当している取引を無事成約させて、お客さまに喜んでいただけた瞬間にやりがいを感じます。

接客業のアルバイト経験が多く、いろんな人と話すことも好きだったので、就職するなら「人と向き合う」仕事をと考えていました。また、たまたま兄が不動産仲介の会社にいて、仕事内容を聞くうちに興味を持ち始めたのがきっかけです。

何社かの説明会に参加したなか、グループ各社との連携があり、お客さまに幅広い提案ができそうな当社を選びました。

会社にというよりは、仕事に対するイメージが違っていました。
「外に出て営業活動をする」ことばかり考えていたのですが、実際は思った以上に事務処理が多くて。情報やデータをリサーチするなども、「ひとのモノを扱う」仲介業には大切な仕事なのだということを実感しました。

配属後の初契約がなかなか決められず、20人いた同期が次々と成約させるなか、内心かなり焦っていた時期のことです。先輩社員の現地販売会を手伝っていたとき、ご案内したお客さまがほぼ即決状態で購入を決めてくださいました。物件に魅力があったからではあるのですが、ほんとうにうれしかったですね。

あとは「心に残るひとこと」にも挙げた案件です。当初、ご親族間のコミュニケーションがなかなか取れず、調整が難航していました。それでも時間をかけて、お一人おひとりと話し合いの機会を持ち、粘り強く交渉を進めた結果、無事ご成約となりました。忘れられない日々です。

みずほフィナンシャルグループ各社と連携して、幅広い案件に取り組めるところ。
大きなお取引にはその分のリスクや緊張感が伴いますが、若手でもチャレンジさせてもらえる環境があること。高い専門知識やスキルのある先輩方に指導を受けながら、最後までやらせてもらえる。責任感も芽生えるし、大きな成長にもつながります。

提案力の幅を広げて、より多くの案件に挑戦していきたいですね。ライフスタイルが多様化していくなか、すべてのお客さまのご要望に応えられるだけの知識量を増やすことが目標です。

就活は、就職先を見つけることが目的ではあるものの、一方では自身を見つめ直すまたとない機会となります。自分がやりたいことをとことん模索して、自分だけのゴールを見つけ出してください。悔いのない就活ができることを祈っています。

The Road To Professional 私の職域とかける想い

レーダーチャート 居住用100% 投資用60% 事業用20%

初回面談時が肝心。
お客さまの想いを
しっかりとくみ取る。

不動産の用途を問わず、また個人や法人の別にかかわらず、不動産の売買を考えるに当たっては、それぞれ理由があるわけで。
その「どうして?」の部分を初回の面談時にしっかりヒアリングすること。そのうえで、お客さまのニーズを確実にくみ取るよう心がけています。

とある1日の仕事の流れ

有岡あゆみ / 総合職
阿倍野橋センター / 2016年入社
松本隆也 / 総合職
自由が丘センター / 2016年入社
牧田海咲 / 総合職
五反田センター / 2012年入社
綿引治彦 / 総合職
上野支店 / 2009年入社
三好正朗 / 総合職
大阪営業第一部 / 2007年入社
金希玲 / 事務職
池袋営業第二部 / 2015年入社
MY PAGE ENTRY