閉じる

ページの先頭です

50代の売却。~自己所有する一戸建てを売却し、都心マンションへ住み替え~第三話「高額物件で特に気をつけたい、売り出し価格の決め方編」

漫画で見る不動産購入・売却のポイントvol.77

公開日:2021年05月31日

この記事の概要

  •  できるだけ高額で売却したいという考えは間違いではないが、なかなか売却できない要因になってしまうこともある。
  •  販売期間が長期化すると、資金計画が狂ってしまったり、精神的なストレスにつながってしまったりするケースも。
  •  売り出し価格を決めるときは、不動産会社のアドバイスも参考に。

50代の売却。~自己所有する一戸建てを売却し、都心マンションへ住み替え~第三話「高額物件で特に気をつけたい、売り出し価格の決め方編」
50代の売却。~自己所有する一戸建てを売却し、都心マンションへ住み替え~第三話「高額物件で特に気をつけたい、売り出し価格の決め方編」

【Hさん】
娘2人が独立してほっと一息している50代のHさん夫婦。子育てに適していると購入した都内郊外の庭・駐車場付き一戸建ては6LDKあり、鉄筋コンクリート造3階建てのこだわりある注文住宅。夜は人通りが少ないとあって、セキュリティにも配慮した物件です。土地面積は300㎡以上あり、夫婦2人では広すぎる上に駅から遠い点をネックに感じてきました。コンパクトな広さや便利さが売りの都心にあるマンションに興味が出てきたため、住み替えを検討することになりました。

設備や仕様にもこだわりある注文住宅。土地選びやどんな家にしたいかから始まり、壁の色、床の素材など細部まで悩んで造り上げたことでしょう。時間をかけて完成した住宅は思い入れもひとしお。そこに暮らしてきた分の思い出が重なり、ご家族にとってはかけがえのない存在となっているに違いありません。
そのような大切な我が家でも、ライフステージの変化などで売却することになるケースはあります。売却時は売主様が納得した価格で売り出すことになりますが、今回は売り出し価格を決める際のポイントや売却時に備えておきたい考え方についてお伝えします。

できるだけ高額で…は最優先にしない

不動産を売却する際、「できるだけ高額で売却したい」という希望をお聞きすることがあります。土地や建物面積が広く、細部にこだわった住宅であればなおさらでしょう。この考えは間違いではありませんが、こだわり過ぎると相場と売り出し価格が大きく乖離してしまうことになります。こうなると、なかなか購入希望者が現れないという事態に。相場にマッチングしていない価格設定を続けていては、いつまでも売却できないということになってしまいます。

避けておきたい、販売期間の長期化

たとえば、売却したお金を住み替え先の資金にあてるつもりでも、なかなか売却できなければ資金計画が狂ってしまうことになります。また、不動産の売却では、購入希望者が物件を見にくる機会があります。“休日のたびに購入希望者が自宅にきて、案内を繰り返す生活が続く”というのは意外とストレスです。大好きな我が家がなかなか売れないと、なんだか否定されたような気持ちになってしまうこともあるでしょう。「不動産の売却時、販売期間をできるだけ長期化させないにはどうすればいいか」という点を気にしておくのは意外と重要です。

不動産会社の適正な査定価格を参考にする

不動産を売却する際には、何社かで見積もりをとる方が多いようです。それぞれの見積もりを比較検討して、最終的にはどの不動産会社にお願いするか決めるわけですが、あまりに高すぎる査定価格を出してきた会社に対しては、少し冷静に捉える必要があります。もちろん高い価格で売れたらうれしいですが、査定価格=売却できる価格ではありません。また、高く売り出しても売れなければ価格を見直すことに。売却まで時間ばかりかかって、結局は相場程度でしか売れなかったというのはよくお聞きする話です。高さだけにつられて依頼先を決めてしまうのではなく、相場との兼ね合いや、これまでの売却実績なども視野に入れることが大切でしょう。

不動産会社の選び方

専門的な知識を持たないあなたに寄り添って一生懸命販売活動してくれそうな会社、担当者を選ぶことが大事です。
また、売却実績が豊富なのはもちろん、どんな販売活動をしてくれるのか、どのくらいのネットワークがあるのかも重要なポイント。広く、効率的に購入希望者を探してもらえる会社なのかを確認するようにしましょう。

執筆

橋本 岳子 (はしもと・たかこ)

20年勤めた不動産情報サービスの会社での経験を活かし、住まい探しが初めての方にも分かりやすい、生活者の目線に立った記事の執筆活動を手がける。

※ 本コンテンツは、不動産購入および不動産売却をご検討頂く際の考え方の一例です。

※ 2021年5月31日本編公開時の情報に基づき作成しております。情報更新により本編の内容が変更となる場合がございます。

バックナンバー

閉じる×
ページの先頭へ