ページの先頭です

地中熱を利用したエコ住宅を選択し、暮らしもエコに

人生を楽しむ理想の住まいを作りました Vol.4

公開日:2016年8月31日

千葉県・大久保邸 文/礒部道生 写真/佐藤正純

書斎も兼ねる2階のファミリースペースはゆとりの空間。吹き抜けによる空気の対流によって地中熱システムが効果的に生かされ、部屋のどこにいても一定の温度が保たれる

 生活の舞台である住まいをどうすべきか――。人生を楽しむために住宅を考えることは必要不可欠です。そんな時にヒントになるのは、先人のチャレンジです。趣味を生かした都会暮らし、セカンドライフに備える、中古物件を購入して思いのままにリフォームなど、様々な目的、手段で、人生を楽しむ住み替えを実行したケースを紹介します。連載第4回は、親の住居を建て替えしたケースを紹介します。

 人生後半にこそ、エコな住宅を――。地球環境に優しいのはもちろんだが、光熱費をぐっと抑えられるため、エコな住宅を選択することが老後の安心につながるのは、意外に知られていない。

 10年前に地中熱利用住宅に住み替えた大久保順さん(55歳)は、光熱費が従来の半分以下になったという。「築40年の家は隙間風だらけで、冬場、特にトイレや風呂が寒くてつらかった。室内の温度差がない家を建てようと思ったら、地中熱を利用する少し変わったエコな家になりました」と言う

 建物床下の基礎を密閉し断熱材で覆って、地中の熱を逃さないようにする地中熱利用住宅は、緩やかな床暖房のようなもの。冬は、昼間の日差しで暖められた室内の空気を床下に送り込み、一方、夏は外気温より低い床下の空気を管で吸い上げて室内に送風することで、適度な涼しさが保たれる。

お気に入りは、1階のリビングから仰ぎ見る吹き抜けの開放感だ。
「高さ7mの吹き抜け構造にしたため、室内の温度差もほとんどなく、快適。留守中も地中熱システムが動いているので、真夏でも玄関を開けると、中はひんやりしているのがうれしいですね」。

エコ住宅に建て替えてからというもの、おのずと身の回りの小さなエコにも気を配るようになった。
「雨水タンクを購入して庭木の水やりに雨水を利用したり、ゴーヤで窓に緑のカーテンを設けたり。地道なエコライフを実践中です」。

1. ロフトで若い頃に集めたアナログレコードを聴くのが楽しみの一つ。2. 遮熱・遮光のためのゴーヤのグリーンカーテンを東面に自作した。3. 床下の蓄熱効果を高めるソーラウオールを設置。日射で暖められた黒いアルミパネル裏の60~70℃の空気を床下に送る。雨水タンクで蓄えた水も、庭への散水に有効利用する。

将来、車椅子でも楽に移動できるよう、玄関以外はすべて引き戸に。1階のトイレ、浴室、キッチンは、戸を開ければぐるっと回れる設計だ。

住まいのQ&A

住み替え成功の秘訣は?
ハウスメーカー頼みにせず、温度差のない家について自ら調べて地中熱利用にたどり着いた。将来に備えてバリアフリーにしたのも正解だった。
20~30年後は?
現在の家をしっかり維持管理しつつ、庭に自家菜園を作って、食料やエネルギーを自給自足できる家に改良していきたい。
data
  • 所在地千葉県船橋市
  • 家族構成大久保 順さん(55歳・税理士)、父親(85歳・税理士)
  • 構造木造2階建て
  • 延べ床面積、間取り150㎡、3LDL+ロフト+ファミリースペース
  • 住み替え時期2005年

協力:『日経おとなのOFF』(日経BP社)

会社情報

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ