閉じる

ページの先頭です

住宅購入時の諸費用ってどんなものがあるの?

初めての不動産購入で知っておきたいこと vol.2

公開日:2016年3月30日

住宅購入時の諸費用ってどんなものがあるの?

子どもが大きくなったし、そろそろマイホームが欲しいな」と考えて、インターネットで物件情報を探したり、新聞に入ってくる折り込みチラシのチェックを始めたり……。けれど、並ぶ数字はどれも数千万円もするものばかりで支払いに不安も。今回は最初に必要な頭金について考えていきましょう。

頭金だけじゃない! かかる諸費用を知っておきましょう

購入時には、大きく分けて、仲介手数料・税金・住宅ローンに関わるもの・司法書士報酬などがかかってきますが、物件価格の7%~10%程度はかかると考えておきましょう。では、それぞれについてみていきましょう

①仲介手数料

不動産の仲介会社を通して不動産を購入することになった場合、不動産会社に成功報酬として仲介手数料を支払います。

②税金

普段の買い物でもかかってくる消費税はもちろんのこと、ローン契約時の印紙税、不動産の登記に必要な登録免許税、入居後に必要となる不動産取得税・固定資産税・都市計画税などがあります。

③住宅ローンに関わるもの

住宅ローンを組むためのお金もかかります。ローンの事務手数料、ローン保証料、団体信用生命保険料、火災保険料、地震保険料などがそれにあたります。

④司法書士報酬

不動産を登記する際には、司法書士への手数料がかかります。

引越し費用や耐久消費財の費用も忘れずに

この他、新居への引越し費用も忘れてはいけません。荷物を運ぶ運搬費だけでなく、引越しの挨拶状作成や送料、電話の移転費用などもかかってきます。また、新居にあわせて家具や家電などの耐久消費財を新調する場合は、その費用も視野に入れておかなければなりません。特にマンションに比べて窓の数が多い戸建ての場合は、カーテン費用が思った以上にかかることを覚えておきましょう。窓のサイズが特殊だと、オーダーメイドで作らなくてはなりませんのでその点も注意が必要です。カーテンレールがない場合もあるので事前に確認しておくといいでしょう。

引越し費用や耐久消費財の費用も忘れずに

購入時には費用についても確認しましょう

このように、物件価格以外にも様々な諸費用がかかってきます。総額にするとかなりまとまった金額になりますので、物件を探すのと同時に、諸費用についてもあわせて確認しておきましょう。

購入時には費用についても確認しましょう

執筆

橋本 岳子 (はしもと・たかこ)

20年勤めた不動産情報サービスの会社での経験を活かし、住まい探しが初めての方にも分かりやすい、生活者の目線に立った記事の執筆活動を手がける。

※ 本コンテンツは、不動産購入および不動産売却をご検討頂く際の考え方の一例です。

おすすめ・関連記事

閉じる×
ページの先頭へ