ページの先頭です

不動産買い替えの手順

お住まいの買い替えの手順

お住まいの買い替えには「ご売却先行型」と「ご購入先行型」と大きく分けて2通りの方法があります。お客さまのご事情や資金内容によりどちらかを選択することになりますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、どちらを選ばれる場合にも資金の手配や引き渡しのタイミングなど、十分なプランニングが必要となります。「みずほ不動産販売」では、お客さま一人ひとりに合った買い替えプランを提案し、安心して買い替えができるようサポートいたします。

ご購入先行型 メリット
  • 家族の希望条件に合った住まいをじっくりと探すことができる。
  • 購入したい物件を先に決めると、住み替えのスケジュールを立てやすく仮住まいなど無駄な費用の発生が抑えられる。
  • 未完成物件などの引き渡しまでに時間のかかる物件を購入する場合は、代金支払いまで時間があるので、購入の契約後に売却に出してもタイミングが合わせやすい。
デメリット
  • 購入資金を先に準備しなければいけない。
  • 売却価格や売却時期が確定していないため、資金計画が狂う可能性がある。
  • ローンの残債がある場合は、新居の取得日までに売却できないと、新居と旧宅のローンを二重に支払う場合がある。
ご売却先行型 メリット
  • ご所有物件の売却金額が決まり、購入資金にあてられる金額が確定するので、購入の資金計画が立てやすくなる。
  • 売却をあせる必要がないので、価格やその他条件面の交渉などが、ある程度余裕をもって進められる。
デメリット
  • 引き渡しまでに購入物件が見つからない、あるいは入居できない場合は仮住まいをしなければならず、2度の引越しで余分な労力と費用が必要になる。
  • 引き渡しのタイミングに合わせるために、買い急いで新居の条件を妥協しなくてはならない場合がある。

ご購入先行型

お住まいのご購入の手順

お住まいのご売却の手順

ご自宅の売却価格の見当をつけたうえで、購入の資金計画をたてましょう。

気に入った物件に出会うまでじっくり探しましょう。

自宅の売却スケジュールを考慮しながら引き渡し日等について検討しましょう。

購入物件の目処がついたらいよいよ売却のスタートです。

Point

買い替え先の引き渡し日とご自宅の引き渡し日のスケジュール調整も大切です。お手取り額の確認も忘れずに。

売却物件に買い手が見つからない場合や引き渡しの時期が合わない場合は売却資金に頼らない資金調達が必要になります。

購入代金の支払い、売却代金の受領等、資金の流れを確認しましよう。

Point

可能であれば、ご売却とご購入の残金決済を同日に行い、売却代金をもって購入代金に充当することが理想です。

ご売却先行型

お住まいのご売却の手順

お住まいのご購入の手順

ご自宅の売却価格の見当をつけたうえで、購入の資金計画をたてましょう。

ご予算内のご物件をご紹介いたします。

引き渡し日等を具体的に詰めていきましょう。諸経費を差し引いた手取り額の確認も忘れずに。

売却が確定したら購入物件の絞り込みをしましょう。

Point

ご自宅の引き渡し日と買い替え先の引き渡し日のスケジュール調整も大切です。

購入物件が見つからない場合や引き渡しの時期が合わない場合は仮住まいの準備が必要となります。

売却代金の受領、購入代金の支払い等、資金の流れを確認しましよう。

Point

可能であれば、ご売却とご購入の残金決済を同日に行い、売却代金をもって購入代金に充当することが理想です。



会社情報

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ