閉じる

ページの先頭です

ママ必読。子育てしやすい住まいとは 第八話「“4人家族が幸せに暮らすために必要な住まいの条件”調査編」

漫画で見る不動産購入・売却のポイントvol.62

公開日:2020年3月30日

この記事の概要

  •  4人家族が幸せに暮らすために、最低限必要な間取りは3LDKと4LDKで合計約75%。最低限必要な家の広さの平均は89.0㎡という結果。
  •  4人家族が幸せに暮らせる最寄り駅までの距離は平均18.4分、通勤時間は平均57.1分。
  •  購入したタイミングに照準を合わせるのではなく、ライフステージの変化も想定した物件選びをするとよい。

第八話「“4人家族が幸せに暮らすために必要な住まいの条件”調査編」
第八話「“4人家族が幸せに暮らすために必要な住まいの条件”調査編」

【Fさんファミリー】
結婚と同時に購入した郊外のマンションに住む、2歳の女の子、1歳の男の子の子育てに奮闘中のFさんファミリー。2人がよく動き回るようになり、目が離せない毎日を送っています。ママ目線で安全に配慮した居住空間造りに注力していますが、成長を考えるとこのままでいいのかと悩んだ末、子育てがしやすい快適なマイホームを探しているところです。

マイホーム購入を検討している時はいろいろと夢が膨らむもの。今回はアットホーム株式会社が実施した“4人家族が幸せに暮らすために必要な住まいの条件”の調査結果を参考にしながら、『幸せな住まい』について見ていこうと思います。

4人家族が幸せに暮らすために、最低限必要な間取りは3LDKと4LDKを合わせて約75%。最低限必要な家の広さは平均89.0㎡という結果に

自宅の間取り

4人家族が幸せに暮らすために、最低限必要だと思う間取りについて聞いたところ、最も多いのが「4LDK」(40.8%)、次いで「3LDK」(33.6%)という結果でした。全体で見るとKやDKよりもLDKを希望している割合が高く、家族の集まる場所にはゆったりとしたスペースを確保したいという人が多いことが伺えます。

家の広さ

4人家族が幸せに暮らすために、最低限必要だと思う家の広さの平均は89.0㎡という結果でした。分布を見ると「80㎡以上100㎡未満」が最も多く、28.9%となっています。次いで「100㎡以上120㎡未満」(22.1%)、「60㎡以上80㎡未満」(21.2%)という結果となりました。

リビングの広さ

4人家族が幸せに暮らすために、最低限必要だと思うリビングの広さの平均は12.2畳という結果となりました。最も多かったのは「10畳以上15畳未満」で、約5割となっています。

4人家族が幸せに暮らせる最寄り駅までの距離は平均18.4分、通勤時間は平均57.1分

自宅から最寄り駅までの距離

自宅から最寄り駅までの距離が、長くても何分までなら、4人家族が幸せに暮らせると思いますか?という質問では、平均は18.4分となっています。最も多かったのは「15分以上20分未満」(29.9%)、次いで「10分以上15分未満」(23.7%)、「15分以上20分未満」(20.7%)という結果となりました。

通勤時間

通勤時間(片道)は、長くても何分までなら、4人家族が幸せに暮らせると思いますか?という問いについて、全体の平均は57.1分、男女別平均は男性63.5分、女性約50.7分となりました。男性は女性の平均より10分以上長くても幸せに暮らせると思うという結果が出ています。

自宅の設備・仕様

4人家族が幸せに暮らすために、最低限必要だと思う設備・仕様は、1位「独立したバス・トイレ」(89.3%)、2位「エアコン」(87.4%)、3位「インターネット回線」(79.5%)という結果でした。

購入したタイミングに照準を合わせるだけでなく、長い目で見た物件選びを

住宅購入のタイミングでよく聞くのが、子どもの小学校入学時。“小学校への入学を機に”というのがどうしても頭にあって、小学校の近くに住みたいという希望条件をあげる方も多いようです。もちろん間違いではありませんが、1人の子どもが小学校に通うのは6年間と期間限定です。例えば最寄り駅から遠い小学校の近くにマイホームを構えた場合、小学校卒業後は、不便さの方が気になってしまう可能性もあります。
間取りや設備と違って、立地は引越さない限り変えることはできません。不動産は大きな買い物でもあるので、ライフステージの変化も想定しながら、場所選びも慎重に行うといいでしょう。
また、子どもの成長によって間取りを変更するというのもおすすめです。ただし、構造上どうしても動かせない柱や壁があるので、購入時にはどこまで変更できるかを確認するようにしましょう。

<調査概要>
調査対象・・・1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)在住、10代の子供2名と、自分と配偶者の計4名で同居をしている、既婚男女30~50代、計628名(男女各314名)
調査方法・・・インターネットによるアンケート調査
調査期間・・・2017年7月18日(火)~7月20日(木)

執筆

橋本 岳子 (はしもと・たかこ)

20年勤めた不動産情報サービスの会社での経験を活かし、住まい探しが初めての方にも分かりやすい、生活者の目線に立った記事の執筆活動を手がける。

※ 本コンテンツは、不動産購入および不動産売却をご検討頂く際の考え方の一例です。

※ 2020年3月30日本編公開時の情報に基づき作成しております。情報更新により本編の内容が変更となる場合がございます。

バックナンバー

閉じる×
ページの先頭へ