ページの先頭です

建物状況調査サービス

<みずほ>の建物状況調査サービス 本サービスは、みずほ不動産販売と媒介契約を締結いただいた売主さま・買主さまを対象に、当社が建物状況調査(インスペクション)費用を負担するサービスです。さらに一定の要件を満たす場合には、その物件の買主さまに対する瑕疵保証の加入費用についても当社が費用を負担いたします。

建物状況調査(インスペクション)サービス みずほ不動産販売と媒介契約を締結いただいた売主さま・買主さまを対象に、当社が建物状況調査(インスペクション)費用を負担するサービスです。 調査費用は当社負担

主な検査項目

拡大する

拡大する

オレンジ:構造耐力上主要な部分に係るもの 水色:雨水の浸入を防止する部分に係るもの

売主さまメリット ①調査済物件として安心できる物件であることをPRできる。 ②事前に発見することで、隠れた瑕疵に対する売主さまの瑕疵担保責任を軽減できる。 買主さまメリット ①購入前に物件の状態を詳細に把握してトラブルを防止。 ②購入時に瑕疵保証(個人間用)の付保が可能。

建物状況調査サービス内容

対象物件当社営業可能エリアに所在する戸建・マンション
昭和56年6月1日以降に建築確認の確認済証を取得している
【一戸建】構造が木造・小規模な鉄骨造・RC造で3階建以下、延床面積500m²未満(公簿)
【マンション】専有面積40m²以上(公簿)。
対象者個人、または一般法人のお客さま。(宅建業者除く)
※売主さま、買主さま共に対象
利用条件
  1. <売主さま>
  2. ①新たに当社と媒介契約(媒介期間3ヶ月)を締結され、当初の媒介価格(売出価格)が当社査定価格の125%以内である物件
  3. ②当社規定の仲介手数料をお支払いただけること
  1. <買主さま>
  2. ①当社規定の仲介手数料をお支払いただけること
作業内容
(現場内容)
  1. ①雨漏り検査(屋根、外壁開口部の取合部、外壁部分)
  2. ②建物構造上主要な部位の木部の腐食検査(屋根、梁、柱、床、階段)
  3. ③給排水管の故障検査
  4. ④シロアリの害検査(屋根裏、壁、床、床下、土台)※
  5. ※シロアリ調査は(株)ERIソリューションが検査する戸建のみ。
調査方法目視確認・資料確認・一部計測確認
対象外
  1. ①媒介締結時より、瑕疵担保責任免責または瑕疵担保責任期間を3ヶ月未満を条件とする物件。
  2. ②事業用不動産、投資用不動産(賃貸併用住宅を含む)、連棟構造、店舗、店舗併用住宅、事務所、別荘、6ヶ月以上の空家。
  3. ③宅建業者が売主となる物件
調査会社
  • ジャパンホームシールド株式会社
  • 株式会社ERIソリューション

その他

本建物状況調査サービスは、お客さまと調査会社との委託契約により、同社が実施するものです。その費用は、当社がサービスとして負担いたしますが、建物状況調査の実施者はあくまで調査会社であり、その責任は調査会社に帰属します。
本調査は目視・計測等により調査できる範囲での調査となります。
本調査は瑕疵がないことを保証するものではありません。
過去の不具合、修補履歴、現時点の状況を売主さまより告知していただきます。当該事実を告知されない場合、瑕疵保証の保証対象外となります。
調査報告書の内容は調査時のものであり、時間の経過とともに建物の現況と調査結果との間に乖離が生じる可能性があります。引き渡しまでに生じた故障・不具合については売主さまの責任によって修補する必要があります。
調査報告書に指摘事項があった場合、瑕疵保証の対象にするためには売主さまの実費で是正工事および再調査が必要となります。是正工事をされない場合は保証の対象外となります。
本調査により発見された不具合により、媒介価格の変更、または媒介契約を解除させていただく場合があります。
マンションは専有部分および共用部分の一部のみが本調査の対象となります。
再調査については、当サービスの対象外となります。
当サービスは予告なく終了する場合がございます。ご了承ください。

不動産を売りたい方はこちら

瑕疵保証サービス 売主さまが建物状況調査を実施し、一定の要件を満たす場合には、その物件の買主さまに対する瑕疵保証の加入費用についても当社が負担します。 保証金額は1,000万円 要件を満たせば費用は当社負担

雨水の浸入を防止する部分(例:雨漏りなど) 構造耐力上主要な部分(例:木部の腐食など) 給排水管路部分【特約付帯】(例:給排水管の故障など) 売主さまメリット ①売却後の建物瑕疵を理由とした瑕疵担保責任を軽減できる。 買主さまメリット ①購入後の建物瑕疵による損失を保証。 ②築年数の古い物件でも税制特例が利用可能に!

保証までの流れ売却相談 媒介契約 建物状況調査 調査報告 売買契約 保証申込 引渡 保証開始 建物状況調査から引渡まで9ヶ月間以内

  • ※当社あっせんより「建物状況調査」を実施し、瑕疵保証へ加入が「可」と判定された物件
  • ※建物状況調査実施日から引渡日までが9ヶ月以内であること

保証サービス内容

対象物件
  • ・当社のあっせんした調査会社により「建物状況調査」を実施し、瑕疵保証への加入が「可」と判定された物件
  • ・建物状況調査実施日から引渡日までが9ヶ月以内であること
対象者対象物件を居住用として購入する個人、または一般法人の買主さま(宅建業者除く)
利用条件当社規定の仲介手数料をお支払いいただけること
保証期間1年
保証金額1,000万円
保証内容雨水の侵入、構造耐力上主要な部分、給排水管路
※蟻害は対象外
保証会社
  • ジャパンホームシールド株式会社
  • 株式会社ERIソリューション

その他

瑕疵保証は、当社がサービスとして保証料を負担いたします。保証委託者および被保証者はお客さま、保証者は保証会社(調査会社)となります。なお、保証者が既存住宅売買瑕疵保険を付保して被保険者となります。
発見された不具合等が瑕疵保証の保証対象に該当するかは、調査会社が住宅瑕疵担保責任保険法人の基準に基づいて判断を行います。
発見された不具合等の修補費用が、保証金額の上限を超過する場合、当該超過金額については保証は受けられません。また、発見された不具合等が瑕疵保険の適用を受けられない場合等、保証の対象外である場合は、全額につき保証は受けられません。これらの場合に保証を受けられない金額に係る売主責任の有無は、別途売買契約の瑕疵担保責任の定めに従います。
別途売買契約の定めにより、売主が瑕疵担保責任を負う場合、瑕疵担保責任の請求は瑕疵保証を超過したもの、または適用を受けられないものに限ります。ただし、その場合、責任期間の相異により、売主には請求できない場合があります。
(注)売主の瑕疵担保責任の期間は3ヶ月と約定されることが一般的。
なお、買主は決済時に当該瑕疵保証の内容を売主に明示いただきます。
マンションは専有部分に原因がある不具合等が瑕疵保証の対象(瑕疵保険の付保対象)であり、共用部分および他専有部分に原因がある場合は対象外となります。なお、共用部分に生じた損害については、保険付保住戸の共有持分割合を乗じて保険金が支払われます。
保証対象となる故障・不具合が生じた場合、保険を付保した保険法人による現地確認および保険の認定が条件となります。条件を満たさない場合は保証対象外となります。
分譲会社等のアフターサービス保証等がある場合は、そちらの保証が優先されます。
売買、交換、贈与等によって、被保証者から所有者が変更された場合は、保証期間内であっても、保証の対象外となります。
当サービスは予告なく終了する場合がございます。ご了承ください。
ページの先頭へ
ページの先頭へ