ページの先頭です

売主さま

成約インタビューVOL.2 神奈川県藤沢市在住 C様編
—説明が分かりやすく、対応も親切でした—


今回お話をしてくださったのは、2018年3月に藤沢市長後にあるマンションを売却されたC様。売却に至るまでの経緯や営業担当者の対応などについて語っていただきました。

2018.06.29

interview interview
訪問インタビュー

初めての売却で不安でしたが、すぐに電話をいただき安心しました

不動産を売却するのが初めてだったというC様。「私ではなく親族が所有しているマンションを売却することになりました。代理で私が売却することになったのですが、とにかく何から初めていいのか分からないことばかりで不安でした」とC様。まずはインターネットで査定サイトを検索し、一括で複数の不動産会社に査定してもらえる無料サービスを利用されたとのことです。「そのサイトでは9社の不動産会社で査定をしてもらえるのですが、よく耳にしたことがあって信頼できそうな3社にしぼり込んで依頼しました。その中にみずほ不動産販売も含まれていました」とのこと。3社が出してきた査定額に大きな差はありませんでしたが、みずほ不動産販売の営業担当者からはすぐに電話がかかってきたそうです。「おおよその査定額は把握したものの、これからどう進めればいいのか困っていました。そのような中、電話をいただきほっとしたことを覚えています」とC様。ほどなくして藤沢センターで直接お話しをされたとき、「実は、所有者になっている親族が自ら売却の手続きができず、売却の手続きなどは私が行おうと思っていることを伝えました。すると、私が代理で売却の手続きが出来る状況を整えてから本格的な売却活動を進めましょうと提案、具体的には、みずほ不動産販売で取引実績のある司法書士を紹介していただきました。売却以外の部分でお手伝いしてもらえるとは思っていなかったので、驚いたのと同時にみずほ不動産販売に査定依頼をしたのは間違いではなかったなと思いました」とお話ししていただきました。

私のケースにぴったりの司法書士を紹介していただきました

「紹介していただいた司法書士のところへ伺ったところ、今回のように、所有者に代わり私が売却の手続きを行う方法をアドバイスしていただきました。結果的には、ほとんど手間がかからず約2カ月ですべての調整が終わりました」とお話ししていただきました。こうしてC様のマンション売却は本格的に始動します。

適切な販売活動で、スムーズに売却できました

「売却はほかの不動産会社でお願いすることもできたのでしょうが、みずほ不動産販売以外考えられませんでした。当初、いろいろと丁寧に対応していただいた点や、私のケースにぴったりの司法書士を紹介してくださった点からも全幅の信頼を寄せていました」とのこと。

2018年1月、営業担当者がマンションを実際に内見したうえで算出した査定額をもとに販売価格を決定。少しでも良い条件で売却できるようにと、今後どのように広告展開をしていくかなども分かりやすく説明をしてもらえたそうです。C様によれば「他物件のチラシを実際に見せながら話をしてくださることもありました。イメージがわきやすく、不動産売却が初めての私でも理解できるように考えてくださっているのが伝わってきました。不動産取引というとハードルが高く、不動産会社主導といったイメージがあったのですが、ひとつひとつ納得しながら進めることができたので良かったです」。

媒介契約を締結したのは2月初旬のこと。販売活動は新聞の折り込みチラシからスタートしたところ、2週間後には購入希望者から反響が入ったそうです。「そこからも早かったですね。購入希望の方は、このマンションに限定して物件を探されていたので、話がスムーズに進み、最終的には3月の引き渡しとなりました。この物件の広告として、まずは新聞の折り込みチラシを採用した営業担当者の判断も適切だったのだな感心しました」と明かしていただきました。

商談中のC様

藤沢センターの外観

必要な書類についてや進捗状況などについても細かく連絡をもらえたとのこと。「どんな説明もデータや経験に裏付けされたもので納得できました」とC様。

売却に関するアドバイスも参考になりました

「営業担当者は話がしやすく、相談しやすい雰囲気でした。私の物件だけでなく、さまざまな物件を担当されているのだと思うのですが、忙しい中でも質問をすればすぐに返事をくださいました。とても知識が豊富なのでその理由をうかがったところ、社内で研修が多く、制度が変わるたびにブラッシュアップされているとのことでした。

担当は2名体制だったのですが、どちらに質問しても認識が同じで、担当同士でしっかりと情報を共有されているんだなという安心感もありましたね。これからも、いい仕事をされていかれるのだろうなと感じました」と営業担当者の印象について明かしてくださったC様。さらに、「売却したマンションは、築19年で喫煙者もいたので“リフォームをしないと売却できないかな、そのための出費も覚悟しなければ・・・”と考えていたのですが、最近はいくらリフォーム済みでも、購入希望者の好みに合わない場合は決まりにくい傾向にあるということを教えてくださいました。水漏れがあったのでそこだけは直しましたが、営業担当者がおっしゃったようにそのままでも売却できましたし、あせってお金をかけて全面リフォームしなくて良かったです。ほかにも、残置物の処理を回収業者に頼んだらどのくらいかかるのかを教えてくださるなど、知っておいたほうがいい情報を適切に提供してくださいました。最終的に何をするのか決めるのは私になるのですが、決断時にこれらの情報は非常に役立ちましたね。今後、友人や親戚で不動産の購入を検討したり、売却するかどうか悩んでいる人がいたら、みずほ不動産販売を紹介したいです」とも笑顔で語っていただきました。

JR藤沢駅

JR藤沢駅

藤沢センターの最寄り駅である藤沢駅はJR東海道線・小田急小田原線・江ノ島電鉄線が利用可能。駅前には商業施設も多く、活気ある雰囲気です。

腰越海岸より江ノ島を臨む風景

腰越海岸より江ノ島を臨む風景。藤沢市は神奈川県の中央南部に位置する都市で、南は相模湾に面しています。さまざまなマリンレジャーを楽しめるスポットも多く、1年を通して多くの人で賑わいをみせています。

staff staff 営業担当者

佐藤 剛久(サトウ タケヒサ)

所属店舗:藤沢センター


佐藤 剛久(サトウ タケヒサ)


資格
宅地建物取引士 2級ファイナンシャル・プランニング技能士 マンション管理士 銀行業務検定 税務3級

当社はみずほフィナンシャルグループの一員であることから、お客さまは当社に対し高い期待をお持ちかと思います。
特に昨今の不動産業界は制度改正等が頻繁に行われるため、日頃から情報収集を怠らず、どのお客さまからもご満足していただけるような対応を心がけています。

永岡 広明(ナガオカ ヒロアキ)

所属店舗:藤沢センター


永岡 広明(ナガオカ ヒロアキ)


資格
宅地建物取引士

お客さまのご意向をよく伺い、それぞれのお客さまに合ったご提案を心がけております。不動産でお困りの際は是非一度ご相談ください。

※所属店舗はインタビュー当時の店舗です。

relatedcontents relatedcontents
関連情報を見る

ページの先頭へ