不動産用語集|R.E.Words by(株)不動産流通研究所

Search
中高層共同住宅使用細則モデル
ちゅうこうそうきょうどうじゅうたくしようさいそくもでる

分譲マンションのような区分所有建物において、管理規約に基づいて設定される共同生活上の詳細なルールのことを「使用細則」という。

中高層共同住宅使用細則モデルは、公益財団法人マンション管理センターが作成した使用細則のモデルのことである。このモデルは、分譲マンションの管理組合が使用細則を作成する際の有用な指針として活用されている。

なお、中高層共同住宅使用細則モデルは1999年に作成されたが、その後の法改正やマンション標準管理規約の改正に対応して改定され、「細則モデル」として公表されている。現在公表されている細則モデルには次のものがあるが、利用する場合には、追加・改訂の有無を含めて確認が必要である。

また、細則モデルは、国土交通省のマンション標準管理規約(単棟型)に準拠しているので、管理組合で細則の制定等を検討する場合には注意が必要である。


1.マンション使用細則
2.専有部分の修繕等に関する細則
3.専用庭使用細則
4.駐車場使用細則
5.自転車置場使用細則
6.集会室使用細則
7.ペット飼育細則(例1)
8.ペット飼育細則(例2)
9. 管理費等の徴収及び滞納処理細則モデル
10. 管理組合業務委託細則
11. 会計処理細則
12. 防犯カメラ運用細則モデル
13. 大規模修繕工事専門委員会運営細則モデル
14. 理事会運営細則モデル
15. マンション標準管理規約第22条第2項細則モデル

 

-- ここからは本文のリンク用語の解説 --