不動産用語集|R.E.Words by(株)不動産流通研究所

Search
リノリウム
りのりうむ

天然素材を用いて製造される建材のひとつ。1860年代に発明された。リノリウム(linoleum)という名称は、素材の一つである亜麻仁油に由来し、商標登録されている造語である。

麻布(ジュート布)に、植物繊維、亜麻仁油、ロジン(松脂類)、石灰などの天然素材などを固く圧着した製品である。亜麻仁油には細菌類の増殖・発育を阻止する性質があること、天然素材の色合いや弾力性があることなどの特徴がある。石油化学製品の建材と比べて高価で、手入れに注意が必要であるが、その特質を生かして、床材として広く使われているほか、壁材やインテリア材などとしても利用されている。

 

-- ここからは本文のリンク用語の解説 --