不動産用語集|R.E.Words by(株)不動産流通研究所

Search
ブナ
ぶな

日本の温帯林を代表する落葉広葉樹。ブナ科ブナ属の高木で、北海道西南部から本州、四国、九州の温帯に広く分布している。

ブナ材は、重く、粘りがあるが、腐りやすく、乾燥による狂いが大きい。古くは主に漆器木地や薪炭材として使われていたが、加工技術の発達によって、現在は、フローリング材、家具材、合板用材、器具材、パルプ材などとして広く使われている。

 

-- ここからは本文のリンク用語の解説 --