ページの先頭です

成約インタビューVOL.3 東京都世田谷区在住 F様

買主さま

成約インタビューVOL.3 東京都世田谷区在住 F様編
—相続した不動産の売却から、住み替え先・投資用物件の購入までトータルでお願いしました—


今回お話をしてくださったのは、それまで住んでいた住宅を売却し、東京都世田谷区に一戸建てとアパート1棟、区分所有マンション2戸を購入されたF様。売却や購入までの経緯などについて語っていただきました。

2019.09.27

interviewinterview
訪問インタビュー

相続した不動産を売却し、住み替えることに

相続をきっかけに住み替えをされたというF様。「目黒区の同敷地内に、両親の住宅と私たちの住宅を2棟建てて住んでいましたが、両親が他界したので相続することになりました。このまま維持をしていくのは大変ですし、他にも相続人である兄弟がいます。相続全般や不動産を売却してうまく活用する方法をみずほ信託銀行に相談したところ、みずほ不動産販売を紹介していただき、売却・住み替えともにお願いすることにしました。両親が住んでいた住宅は、エレベーターがついていたり、バリアフリーなど高齢者仕様。“買主が限定されてしまうので、このままではなかなか売却できないのでは?”となり、居住用以外に使ってもらう土地として売却することにしました。」

みずほ不動産販売に売却を依頼して1年が経ったころ、3件反響が入りました。そこで、営業担当者にそれぞれの条件を比較検討してもらい、どこへ売却するのかの相談をしました。「いろいろと調整が必要だったので時間がかかりましたが、営業担当者がうまく進めてくださり無事に売却できました。」

居住用の住宅だけでなく、投資用物件も探していました

購入を考えていたのは、犬と一緒に暮らせる一戸建てのほか、安定した経営が続けられる投資用物件だったとのこと。「投資用物件に関しては、区分所有のマンションを何部屋か購入して運用していくことになるんだろうなと考えていました。いろいろ探していただいている中、営業担当者から“ぴったりの物件が出ました”と連絡が入りました。これはみずほ不動産販売に直接売却依頼の入った最新の物件で、社内の回覧で情報がまわってきたそうなんですが、結果的に今回購入した物件となりました。特徴は、自宅として住むことになる一戸建てのほかに、総戸数10戸のワンルームアパートが隣接しているという点。正直いって、自宅と投資用物件が隣り同士にある物件などないと思っていたので、“こういうのもあるんだ。これはいいな”とピンときました。」また、アパートの管理会社はそのまま引き継ぐことができ、さらに満室の状態で購入できるというのが安心ポイントだったとFさま。

「いくつか物件を見に行きましたが、図面を見た時点でここしかないと思い購入することを決めました。そのような中、住宅側の内見を申し出ると売主さまの事情で今すぐはできないという返事をもらいました。2カ月後に内見することができましたが、その間に売れてしまう可能性もあると思い不安な気持ちもありましたが、良縁もあり、無事購入することができました。また、物件引渡しのスケジュールも営業担当者がうまく調整してくれ、スムーズに気分よく引越が出来ました。」

ほかにも、世田谷区内に区分所有マンションを2戸購入されたF様。今は息子さんたちが暮らしていらっしゃるとのこと。これからもう1戸投資用物件を購入する予定で、話を進めているところなのだそうです。

取材中のF様

「父も母もみずほ銀行を利用していました。長年両親が信頼していたところにお任せしたいという思いもあって、すべてをみずほフィナンシャルクループにお願いすることに決めました」と奥さま。

閑静な住宅街に立地。「交通の便の良さにも満足しています」

購入された居住用の物件は、ゆったりとした造りの木造2階建て。駅から徒歩5分ですが、閑静な住宅街に立地しています。玄関は吹き抜けになっており、開放的で明るい雰囲気です。「1階はLDK22帖、和室6帖のほかお風呂などの水回りがあります。高齢の方が住んでいたことがあったようで、玄関の手すりは最初から付いていました。それから2階には12帖の洋室と6帖の和室があります。洋室の天井は少し傾斜していましてこだわりのある個性的な造りだなと感じています。それから、屋根裏が納戸になっています。頻繁に使わないものはそこにしまっておけるので助かりますね。住環境が変わって最初は落ち着きませんでしたが、だんだん慣れてきました。

交通の便も満足しています。「新宿」駅へは小田急小田原線で約15分、小田急小田原線は東京メトロ千代田線との相互乗り入れをしているので活動の幅が広がりましたね」

会社の規模、営業担当者の対応には安心感がありました

売却・購入とみずほ不動産販売に依頼した感想をお伺いすると「まずは大きな会社ということで安心感が違いました。投資用物件というと、うまく乗せられてあまり投資効果のない物件を購入してしまい返済に困ってしまった・・・というような話を聞くことがありますが、まったくそんな心配はありませんでした。条件をお伝えすればたくさんの物件情報を提案してもらえて、その情報量の豊富さにも関心させられましたね。

営業担当者はまじめに取り組んでくださったことはもちろんなのですが、真実を伝えてくれる点やプラスアルファの提案をしてもらえた点が信頼感につながりました。質問をすれば丁寧かつ迅速に対応してくださるなど、いつも寄り添ってもらえているなと感じながら進めていくことができましたね。今回の取引で信頼関係が築けたので、今後不動産を売買することがあったら真っ先に連絡したいと思います」と語ってくださいました。

玄関の吹き抜け

玄関の吹き抜け。明かりとり窓からは柔らかい光が差し込み、贅沢でゆとりのある空間を演出しています。

リビングでくつろぐF様

1階のリビングと和室の壁は、前オーナー様がリフォーム対応してから引渡してくださったとのこと。「営業担当者が前のオーナー様にお願いしてくれたので助かりました」とご主人。

staffstaff営業担当者

渡辺 憲司(ワタナベ ケンジ)

所属店舗:本店第三センター


渡辺 憲司(ワタナベ ケンジ)


資格
宅地建物取引士

どんなことでも構いません、お気軽にご相談ください。お客さまの視点でアドバイスさせていただきます。宜しくお願い致します。

※所属店舗はインタビュー当時の店舗です。

relatedcontentsrelatedcontents
関連情報を見る

お客さまの声:みずほ不動産販売お客さまの声:みずほ不動産販売
住まいの売り買いノウハウBOOK住まいの売り買いノウハウBOOK
ページの先頭へ