ページの先頭です

すぐ分かる不動産売却のポイント

すぐ分かる 不動産売却のポイント

一生に一度あるかないかの「不動産の売却」思い出の詰まった不動産は大切に売りたいものですね。ここでは、査定を行なう際のポイントや売却の流れをご案内します。

みずほ不動産販売へ 査定依頼(無料)する

売却力・提案力なら<みずほ>にお任せ!

査定力
豊富な事例と独自の査定システムにより大切な不動産を適正に査定させていただきます。無料です。
ネットワーク力
全国に広がる店舗ネットワークが情報を共有。買いたい方を幅広く探します。また遠隔地間の買い替えもスムーズです。
グループ力
みずほ銀行やみずほ信託銀行などと連携、相続や資産の組み換えなど幅広いニーズにも対応します。
営業力
地域に密着した広告活動のほか、ホームページやYahoo!などの有力ポータルサイトにも無料で掲載します。

これだけは知っておきたい!不動産売却の流れ

不動産売却の簡単な流れはこれ!契約や手続き、諸費用については、
難しそうに思えますが、不動産会社からサポートを受ければ大丈夫です!

1.査定を依頼する
「いくらぐらいで売れるんだろう・・」
概算だけ知りたいなら、気軽な簡易査定を利用してみては?
さらに、訪問査定なら、プロの目により適正価格を算出してもらえます。
価格査定は、無料です!
訪問査定でさらに詳しく!
訪問査定なら、諸費用や税金、スケジュールなどもしっかり確認できます。無料なのでおすすめです。

ここに気をつけて!

一括査定サイトを利用したら、いっせいに連絡が来た。
査定を依頼する会社を、2~3社選ぶのがおすすめです。たとえば、ディベロッパー系の会社と銀行系の会社など、特徴の異なる会社から、それぞれ選ぶのがよいでしょう!
2.売却活動を正式に依頼する(媒介契約)
査定価格を参考に販売価格を決め、不動産会社と媒介契約を交わします。査定価格を大きく上回る金額で売り出すと、売却の決定までに時間がかかるなどのリスクがあるので、注意しましょう。
媒介契約は、無料です!
媒介契約は3種類
1社にのみ依頼する「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」と複数の会社に依頼できる「一般媒介契約」があります。
3.販売活動を開始
チラシや住宅情報誌、オープンハウスなどで地域にアピールするほか、有力ポータルサイトなどに掲載しインターネットを通じて全国に告知します。
これらの活動は、無料です!
売主さまも営業マン
買いたい方をご案内するとき、居住中の場合は、キレイにしてお迎えすると効果的です!
買いたい方に売主さまから、直接アピールするチャンスです!
4.売買契約
購入者の方と売買契約を結びます。
物件の状況を説明したり、手付金(売買価格の約10%)を受領します。
諸費用が発生します
収入印紙代、仲介手数料の半額など必要な経費を用意しましょう。
5.物件の引渡し
いよいよ不動産の引渡しです。
残代金(手付金以外)や固定資産税などの精算金を購入者から受け取り、鍵を渡します。
ローン完済や書類の準備は余裕をもって
金銭の精算と同時に、買主さまへの所有権移転登記を司法書士へ依頼します。住宅ローン返済中の場合は抵当権の抹消も行ないます。

ここに気をつけて!

早々に引越し先に住民票を移したら、登記費用が余計にかかった。
売却物件の所有権移転登記前に住民票を移転してしまうと、売却物件の登記名義人の表示変更(住所変更)登記が発生する場合があります。

疑問や不安を解決しよう!不動産売却のここが知りたい!

査定価格が思っていたよりずいぶん安かった。

実際に売れた価格を参考にしているためです。

査定は多くの場合、成約事例を参考に各項目別に評点比較を行い、算出していきます。売りに出されていた価格と成約した価格に差があることも多く、そのような場合は査定価格が安く感じてしまうことがあります。

買い替えをするタイミングって難しそう・・

買い替えをするタイミングって難しそう・・

売るのが先か?買うのが先か?
先ずは査定をしてもらい、おおよその売却価格を把握しましょう。そして資金計画をたてた上で物件探しをされると良いでしょう。引渡しまでのスケジュールは事前に不動産会社のアドバイスを受け綿密に立てましょう。

依頼したらきちんと販売活動してくれるの?

媒介契約の種類によっては、活動報告が義務付けられています。

不動産会社の“受けっぱなし”を防ぐ為に、1社のみに依頼(専属専任媒介契約・専任媒介契約)した場合は、宅地建物取引業法に基づき、媒介契約の種類によっては1週間または2週間に1回以上の活動報告が義務付けられています。

不動産売却にかかる費用を前もって確認しておきましょう。

費用について詳しく知る


ページの先頭へ
ページの先頭へ