ページの先頭です

知って得する!暮らしのお役立ちひとくちメモ vol.1

ロゴ

毎日の暮らしがもっと楽しく便利になるお得な情報をご紹介します!

生活一般編:水で洗う効用

生活一般編

食器やお鍋、お湯で洗うのが習慣になっていませんか?
・・・実は、水で洗った方が良い場合もあるんです!

魚や肉を切ったあとのまな板は、絶対に水で!

例えば、魚や肉を切ったあとのまな板は、絶対に水で。お湯を当てるとタンパク質が固まり、汚れが取りにくくなるのと同時に、匂いも残り、いつまでも生臭さが気になります。お皿も同じ事。最初に水で流してから洗います。生卵のついた食器類や菜箸も同様です。たとえ低温でもお湯はあてると落ちにくくなってしまいます。

小麦粉は水で流すか、ヘラでこそげ落としてから洗う!

また、意外なところでは小麦粉。天ぷらの衣の残りなどは、お湯で流すと、グルテンが出て、べたべたになってしまうので水で流すか、あらかじめヘラでこそげ落としてから洗うと良いでしょう。

防災編:乗り物内、地下街で地震が起こったら?!

防災編

まずは落ち着くこと!本当に怖いのはパニックによる二次災害

閉ざされた空間で地震に遭遇したときほど不安なことはありません。しかし、怖いのは地震そのものの衝撃より、パニックによる二次災害です。

乗り物内では

電車や地下鉄、バスなどの公共の乗り物ではまず体が投げ出されないよう、手すりやつり革につかまって安定を確保することが大切です。座っているときは棚の上の荷物から頭を守ることを忘れずに。バスは非常口からの脱出に備えますが、線路上に飛び下りるのは感電等の可能性があるためかえって危険です。

地下街では

地下街がつぶれることはまずありません。停電に備え、壁伝いに落ち着いて避難をしてください。また、エレベーター内ではしゃがんで体の安定を保ちましょう。

健康・美容編:お手軽疲労回復と風邪の予防

健康・美容編

季節の変わり目は体調のくずれから風邪をひきやすいもの。ふだんから体の筋肉をほぐすなどして疲れをためないように心がけましょう。

肩こりに悩ませられがちな方は・・・

肩こりに悩ませられがちな方は、肩と同じほうの小指と薬指のつけねを反対の手の親指と人差し指でよくもむようにします。

足がだるいときは・・・

足がだるいときには、ラップやFAX用紙の芯(ボール紙の厚めのもの)をつちふまずで踏み、転がすようにするとすっきりします。

風邪の引きはじめには・・・

風邪の引きはじめには、湯飲みによく焼いた梅干しを入れ、熱湯を注いでほぐし、ねぎのみじん切りを加えて飲むと体が温まります。汗をかいてもいいよう着替え用のねまきを用意して早めに休みましょう。



会社情報

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ