ページの先頭です

STEP5

不動産売買契約
のご締結

手順、用意すべきものなどを
知っておきましょう。

ご購入希望のお客さまから「不動産購入申込書」を受領し、価格や引き渡し時期などの条件がまとまりましたら、いよいよ契約です。

売買契約締結の手順と内容

交渉・調整

購入希望のお客さまより「不動産購入申込書」を受領したら、その内容について売主さまにご報告をいたします。
売買価格、引き渡しやその他条件について合意に至ると、不動産売買契約に向けての準備に入ります。

重要事項の説明

契約に先立ち、物件や取引条件に関する重要な事項について、宅地建物取引士の資格を持つ担当者が「重要事項説明書」に基づき説明いたします。

不動産売買契約の締結

重要事項説明の内容を十分ご理解いただいた後、売買契約の締結です。
売買物件の状況や売買物件に含まれる設備等について買主さまへ書面で説明していただきます。
買主さまと売主さまが「不動産売買契約書」に記名・押印し買主さまより手付金を受領し契約の成立となります。

不動産売買契約時に必要なもの(売主さま)

書類関係

  • 登記済権利証書または登記識別情報通知書
  • 実印(共有の場合各々)
  • 固定資産税納付書
  • 本人確認書類※

諸費用

  • 契約書貼付印紙代
  • 仲介手数料の半金
  • 本人確認書類とは
    個人のお客さま/運転免許証・旅券・住民基本台帳カード・各種健康保険証 等
    法人のお客さま/登記事項証明書・印鑑証明書 等
  • その他、ケースに応じて必要な書類等が異なりますので、詳しくは担当者にお尋ねください。


会社情報

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ