ページの先頭です

4.地域の市場性を把握する

投資用不動産の購入に際しての総合的なチェックポイント

物件の選択には建物本体の評価はもちろん所在地周辺の賃貸事情や市場性を知っておくことが大切です。

投資用不動産の購入に際しての総合的なチェックポイント

知っておきたい周辺地域の市場規模

不動産投資において、注意するポイントは、まずその物件が入居者のニーズに十分応えられる内容であるということ。そして、地域の賃貸市場の需給バランスがとれていること。この2点は、はずせないところです。とくに地域の市場性は、慎重に見極めたいものです。

  • 市場性とは、投資した物件を運営する賃貸ニーズの現在の市場規模、今後の予測、市場の広がりなどを指します。簡単に言えば、物件の購入後も長期にわたって賃貸需要が見込める市場規模であるかということです。
  • 市場性を調べる簡単な方法の一つに、 その土地の人口動態と世帯数の構成を見る方法があります。これで賃貸住宅のユーザーである入居者の見込み数(人口・世帯)が把握できます。こうしたデータ は区役所や市役所へ行けば教えてもらえますが、インターネットで調べることもできます。
  • さらに、人口や世帯数の推移(動き) の把握も役に立ちます。 若年層の人口が伸び続けるなら単身者のマーケットが期待でき、世帯数が増えていればファミリータイプの需要が見込めるといった物件選定の目安になります。 こうしたマクロ的なデータに合わせて地域の賃貸事情をチェックすれば、物件を購入する際に大いに参考になるはずです。

関連用語集

Due Diligence(デュー・デリジェンス)

最近、不動産の物件調査などで、「デュー・デリジェンス」という言葉をよく耳にします。「デュー・デリジェンス」とは「デュー(Due=当然の)」「デリジェンス(diligence=入念さ・努力)」というような意味です。デュー・デリジェンスは米国で生まれた概念で、投資用不動産の取引会社のM&A、プロジェクトファイナンス等の場合に実施される「詳細かつ多角的な調査」のことです。一般的には、物的調査・法的調査・経済的調査の3つの側面から精査を行い、投資のリスクとリターンを詳細に把握します。

不動産売却、購入、投資に関するお問い合わせはこちらから



会社情報

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ