ページの先頭です

知って得する!暮らしのお役立ちひとくちメモ vol.7

ロゴ

毎日の暮らしがもっと楽しく便利になるお得な情報をご紹介します!

生活一般編:バスルームのタイルのカビ落とし

生活一般編

バスルームは、カビにとっては天国。いつのまにかタイルの目地が黒々なんてことがありますよね。

湿気の多い梅雨。カビ対策もしっかりしましょう。

カビは市販の防カビ剤を使用して除去しますが、洗濯用の漂白剤でも落とすことができます。10倍ほどに薄めた漂白剤を綿棒などでカビの部分に塗って30~40分放置したあと、古い歯ブラシなどで、ごしごしこすってください。きれいになったあと、防カビスプレーか消毒用アルコールを塗布しておけば、さらに効果的。作業中は換気にご注意ください。

日頃、入浴後にシャワーで石けんの泡などを流しておく習慣をつけるとかなり違います。梅雨時などは特に湿気がたまらないように、注意しましょう。

防災編:どこにいるかで身の守り方が決まる

防災編

屋内で揺れを感じたときの身の処し方は、建物の状況によって異なってきます。地震が起きたときは、慌てず落ち着いて行動するようにしましょう。

一戸建て住宅の場合

強い揺れが来たときは、慌てて外に飛び出さず、まずは身を守りましょう。出口を確保するために扉を開き、倒れそうな家具から離れて、揺れがおさまってから避難しましょう。
地震の揺れによって、玄関のドアが開かなくなってしまったら、窓やベランダなど安全に外に出られる出口を探しましょう。事前に、いざというときの避難経路を決めておき、避難のじゃまになるようなものは置かないようにしましょう。2階からの脱出用に避難はしごを準備しておくと安心です。

中高層マンションの場合

揺れを感じたら、まずは頑丈な机やテーブルなどの下に入り、身の安全を確保しましょう。揺れがおさまったら、エレベーターは使わず、非常階段を使って避難します。
低層階より高層階のほうが揺れ幅が大きく、揺れが長く続く傾向があります。慌てずに揺れが収まるのを待ちましょう。日頃から、非常口や非常階段などの避難経路を確認しておくようにしましょう。

健康・美容編:眠れない夜には

健康・美容編

いつもと同じようにベッドに入っても、寝付けないときはあるもの。原因はやはりストレスが多いようです。

バスタイムで疲れた身体をゆっくり癒しましょう

仕事などで頭を使いすぎたなと思った日は、ぬるめのお風呂にゆっくりと入ってください。シャワーを少々熱めにすると適度な刺激となってスッキリします。 また、鎮静効果のハーブ、ラベンダー、ローズマリー、ゼラニウムのポプリを浴槽に浮かべると効果的です。最近ではこれらのオイルが売られているので、手軽に利用できます。

ベッドに仰向けに横たわったら、大きく鼻から息を吸い込み口から細く長くはきます。この深い深い深呼吸を3回ほどお試しください。



会社情報

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ