ページの先頭です

知って得する!暮らしのお役立ちひとくちメモ vol.6

ロゴ

毎日の暮らしがもっと楽しく便利になるお得な情報をご紹介します!

生活一般編:冷蔵庫の省エネ

生活一般編

一般家庭では、電気代の16%(※)が冷蔵庫で消費されているそうです。毎日のちょっとした工夫や気配りで、この電気量を減らすことができます。

(※エネルギー白書(資源エネルギー庁、平成18年8月)参照)

例えば・・・

  1. 冷蔵庫に物を入れすぎないこと!
    常温でも保存可能な物は入れない!
    熱いものは冷めてから!
  2. ドアの開閉回数を減らす・開閉時間を短縮!
    いつも冷蔵庫に入れている物の場所を固定することで、開閉時間を短縮できます。
  3. 冷蔵庫の置場所を要チェック!
    日の当たる所ガステーブルのそばは避けましょう。

冷蔵庫の背面に充分な空間があるかどうかも調べてください。換気が行き届かないと、熱気が停滞し冷蔵庫のコンプレッサーが頻繁に入り、不経済です。これは普段の機械音でもチェックできるので注意していてください。

防災編:いざというときのために救急箱の点検を

防災編

いざというときに役に立つのが救急箱。1年に1回は点検しましょう。以下のものは絶対に用意したいもの。

器材 体温計、ピンセット、はさみ、綿棒、毛抜きなど。
衛生材料 包帯、三角巾、絆創膏、救急絆創膏、脱脂綿、ガーゼ、眼帯、マスクなど。
外用薬 消毒薬、湿布剤、目薬、かゆみ止めなど。
内服薬 かぜ薬、解熱鎮痛剤、胃腸薬、下痢止め、便秘止め、うがい薬など。

薬の効能書きも一緒に保管します。使用期限が切れているものは即交換を。開封した場合は期日を記して、開封後半年をめどに交換しましょう。薬は低温で乾燥した場所に保管するのが理想です。直射日光が当たる所や、台所、洗面所は避けます。押入れの中も湿気がたまりやすいので、避けたほうが無難です

健康・美容編:間違っていませんか?ダイエット

健康・美容編

美しさの究極は健康美。ダイエットの基本は栄養、量ともにバランスのとれた食事と運動と言えます。では食事の取り方のポイントをいくつかご紹介しましょう。

一日の始まりはきちっとした朝食を。

朝のカロリーは昼間の生活のなかで消費されてしまいますから安心してください。反対に朝食を抜くと、エネルギー不足に陥っている体が悲鳴をあげて、その後とった食品の栄養素を総て蓄えようとして、むしろ太る原因に。

ポイントは、夕食を控えめに!

少なくとも寝る直前の食事は大敵。3時間前からは絶食を。食事の最初にスープや味噌汁などの汁物を飲んでおなかを膨らますのもコツ。ゆっくりかんで、少ない量でも満腹感を得ましょう。



会社情報

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ