ページの先頭です

13.土地有効活用とは・・・

土地の条件や特性、ライフプランを十分に分析

土地の有効活用を図るためには、まずなんといっても土地の条件や特性を見極める診断が必要です。例えば、「権利関係」「法的規制」「環境」「方位」「市場性」といったことを綿密にリサーチして総合的に土地活用プランを診断します。

さらに、有効活用を図るための事業推進には、土地の置かれている条件とともに土地オーナー様のニーズ、ライフプランを十分に考慮した上でメリット、デメリットを分析して、多様なメニューの中から最もふさわしい方法を選ぶ必要があります。
土地は二つとして同じものがないのですから、その特性、状況を把握することが重要なポイントなのです。

とくに土地有効活用に際しては、事業手法や税制、各分野の法規制が複雑に関係してきますので、土地活用についての知識やノウハウを持ち、様々なケースに対する実績がある専門家に相談することが欠かせません。

土地活用メニュー

不動産売却、購入、投資に関するお問い合わせはこちらから



会社情報

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ