ページの先頭です

2.多様化する投資不動産のマネジメント

投資用不動産の管理方法の選択については、オーナー自らが手がける方法から専門業者へ全面的に委託する方法まで様々な方法があります。取得された不動産の特性とオーナー側の管理の熟練度や考え方により、その方法は決定されているようです。

マネジメントの多様化

マネジメントの多様化で、不動産投資市場は今後も拡大していくのではないかといわれています。

賃貸総合管理の様式

建物維持管理

一般的な賃貸住宅の管理

一般に賃貸住宅の管理は、募集から賃貸借契約、退居手続き、原状回復の交渉まで煩雑な手続きが続きます。また、空室による収入の不安定化も気になるところです。そこで、「一括借上げ」方式による管理もひとつの選択肢になります。ただし大切な資産を管理委託する訳ですから管理会社の選択に当たっては、単に保証賃料額などの条件ばかりでなく、管理内容や実績などをよく調べ、信頼できる管理会社を選択したいものです。

不動産投資信託等の不動産ファンドでは

不動産投資信託(J-REIT)等の不動産ファンドでは、不動産を運用する上で、個別不動産の運営・管理業務を委託するプロパティーマネジメント、投資家から委託を受け取得した資産の運用・運営・管理を行うアセットマネジメントなどが重要視されております。なかでもアセットマネジャーは不動産の資産価値を高める目的で、購入・売却や新規テナント誘致、プロパティマネジャーの監理なども行います。保有する投資用不動産が増加してきましたら、ステップアップしたマネジメントをお考えになられたらいかがでしょうか。

関連用語集

一括借上げ

「サブリース」「転貸借上げ」ともいわれる建物管理方式です。例えば、共同住宅の場合、管理会社がオーナーより一括借上げし、各入居者へ個別に転貸します。空室が生じても一定の額の賃料をオーナーへ保証しますが、2年程度のサイクルで保証額が見直されています。

不動産売却、購入、投資に関するお問い合わせはこちらから



会社情報

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ