ページの先頭です

STEP7

住宅ローンの
お申し込み

ローンにはさまざまな種類があります。
お気軽にご相談ください。

住宅ローンを利用される方は、売買契約締結後に金融機関に借り入れの申し込みを行います。住宅ローンは資格条件や購入する物件によってご利用できる種類が異なります。住宅ローンお申し込みのお手伝いもいたしますので、お気軽にお申し付けください。

住宅ローンのお手続きの流れ

事前審査

金融機関に事前審査を申し込みます。審査には通常1週間程度かかります。

売買契約の締結

不動産売買契約締結後、すみやかにローンの申し込みを行うために必要な書類を事前にご準備ください。

ローンのお申し込み

不動産売買契約締結後、必要書類をご用意いただき、金融機関に正式なお申し込みをいたします。

ローンの承認

金融機関および保証会社が審査を行い、承認されると金融機関より通知があります。売買契約書に定められた融資承認の取得期日に注意が必要です。

ローン契約の締結

金融機関の窓口へ出向き、ローン契約(金銭消費貸借契約)を締結し、細かな借り入れ条件を確定します。

ローンの実行

残金決済日にあわせてローンを実行いたします。金融機関は売買のお手続きが完了したあと、購入した物件に抵当権を設定いたします。

住宅ローン申し込みの際の必要書類など

書類関係

  • ローン申込書
  • 実印(共有の場合各々)
  • 売買契約書(原本の提示と写しの提出)
  • 印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)
  • 住民票(家族全員記載)
  • 給与証明書または源泉徴収票
  • 住民税課税決定通知書
    (または住民税課税証明書)

諸費用

  • ローン契約書貼付印紙代
  • 事務手数料
  • 保証料
  • ご利用いただくローンの種類により、必要書類や諸費用は異なります。

住宅ローンの種類

住宅ローンにはさまざまな種類がありますが、大きく区分すると次のとおりです。

公的住宅融資

財形住宅融資
自治体融資

勤務する会社で財形貯蓄を1年以上続けてきた人が利用できる「財形住宅融資」のほか、自治体が利子補給などの制度で住宅取得に対する助成をしているケースもあります。

フラット35

銀行・信用金庫
モーゲージバンク等

民間金融機関が住宅金融支援機構との提携により提供する長期固定金利の住宅ローンです。

民間住宅融資

銀行・保険会社
信用金庫・信販会社等

都市銀行や地方銀行、信用金庫、信託銀行などのほか、生命保険会社、JA(農業協同組合)など、さまざまな民間金融機関が貸し出す住宅ローンです。

ローンタイプ別のメリット・デメリット

住宅ローンのタイプ ローンタイプ別のメリット・デメリット
全期間固定金利型 メリット
全期間固定金利型の金利は返済終了まで同じ金利。毎月の返済額も変わらない。
  • 全期間の返済額を確定できるので、長期にわたるライフプランがたてやすい。
  • 低金利時に借りると全期間にわたって低金利のメリットを享受できる。
デメリット
  • 高金利時に借りると、将来にわたり高金利の返済額が確定してしまう。
変動金利型 メリット
変動金利型の金利は原則、年2回見直される。毎月返済額は5年ごとに見直される。
  • 借入時の金利は一般的に固定金利型より低い。
  • 一般的に金利低下局面では、返済額が減少する。
デメリット
  • 借入れ時に将来の返済額が確定できず不安が残る。
  • 一般的に金利上昇した場合、返済額が増加する。
  • 金利が一定以上に上昇した場合、「未払利息」が発生する恐れがある。
固定金利期間選択型 メリット
固定金利期間選択型の金利は固定期間終了後その時点の金利を適用。毎月の返済額は金利に応じて変わる。
  • 一定期間だけ返済額を確定できる。
デメリット
  • 固定金利期間終了後の返済額が確定せず不安が残る。
  • もし固定金利期間終了後金利が上昇した場合、返済額が増加する。

返済方法の種類

元利均等返済

元利均等返済とは、元金と利息の合計額が均等になる返済方法です。毎回の返済額が一定のため、計画が立てやすい返済方式といえます。最初のうちは返済額に占める利息の割合が大きいため、元金返済のスピードは遅くなります。

元利均等返済は毎月返済額が一定

元金均等返済

元金均等返済は、元金を均等割にした額に利息を足した額を返済する方法です。返済当初の返済額が多いですが、元金の減りに比例して利息分も減っていくため、年間の返済額が徐々に減少していくのが特徴です。元金が均等に減るため元利均等と比較すると返済総額は少なくなります。

元金均等返済は毎月の返済元金が一定

やっぱり安心!<みずほ>の住宅ローン

住宅ローンなら、やっぱり<みずほ>が安心。ムリのない、しっかりした資金計画を提案いたします。

みずほ銀行

お客さまのライフスタイルに応じてさまざまなタイプのローンをお選びいただけます。

会社情報

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ